協会について


 検定試験制度設立趣旨

 わが国のモノづくり復興の鍵は、他国には決して真似されることのないオリジナルの製品を作り続けることであり、そのための最重要課題は真に力のある設計者を戦略的に育成していくことにあります。

 企業が設計者に求める能力は多岐に亘り、その期待レベル(能力要件)は時代とともに変化しますが、現代から近未来においては、設計の質の向上および効率化の視点で「3次元設計能力」に対する要望が大きくなっています。

 そこで、企業の求める能力要件を明確にし、単なる試験の合否判定ではなく、「育成」という立場で現時点での3次元設計能力レベルを評価することが求められています。また、この評価制度が一流の設計者になるための登竜門として活用されることが期待されています。

 このような背景から、3次元設計能力の評価制度の普及および能力開発を通しての社会貢献など、広く公益に寄与することを目的として次の事業を実施しています。

 

  1. 3次元設計能力検定の基盤整備、学校及び企業の認識・啓蒙を目的とする情報の提供事業、講演会・教育セミナー事業
  2. 3次元設計能力検定の講師向け・一般向けセミナー事業、能力検定試験事業
  3. 上記事業のための宣伝活動事業

 特定非営利活動法人3次元設計能力検定協会

  所 在 地 〒393-0033
         長野県諏訪郡下諏訪町9177番地1
  電話・FAX 0266-26-1274
  代表E-mail info@3da.or.jp

 応援メッセージ
  • 各方面の方々より、当協会の設立および活動に対していただいた応援メッセージをご紹介します。(順不同)



 この度,貴協会におかれましては,「3次元設計能力検定制度」を本格的に運用,実施される運びとなられました。まさに快挙でありまして,心からお喜びを申し上げます。
 本制度の設立趣旨を拝見しますと,3次元CAD(実技)と設計基礎学(学科)を総合した仕組みをお考えになり,後者を特に“機械設計7つ道具”と呼んで,それらを実技と不可分の存在としておられます。“7つ道具”が意味する分野を適切に選定され,3次元CADという設計ツールの修得を前面としながらも,学問的な基盤の重要性を忘れないとの基本姿勢が感じられます。そして,その様な理念のもと,新しい時代に適合した制度を設けられようとしていることに敬意を表したいと思います。今後,本制度の一層の充実,発展をおはかりになり,実技と学科に関わる基礎能力を備えた前途有望な設計技術者の育成に貢献されますようお祈りいたします。同時に,貴協会が本制度を基盤とした事業により,モノづくりを標榜する長野県及び我が国に大いに貢献されんことを期待しております。

信州大学工学部教授
賀勢 晋司


 当社は半導体実装に大きな役割を果たす、フリップチップボンダ、TAB/COFシステム、マイクロボールマウンタ、液晶装置の開発・製造・販売を行っている企業です。
 より薄く、小さく限りなく高密度に高次元へと進化するマイクロエレクトロニクスの分野で、さらなる高速化と、よりコンパクトで低価格な装置を開発するために、3次元CADによる設計を推進しております。
 現在の産業界で、商品ライフサイクルの短縮化とともに量産化に求められる条件は、高精度、低コスト、多品種少量対応、省力化などと一様ではありません。そしていかに速やかに量産体制を立ち上げ、安定的に維持できるかが業界を勝ち抜くための重要な要素となっています。
 このような状況に対応した装置開発、お客様との密接な連携、速やかなレスポンスといった技術・営業ツールとして必要不可欠であり、3次元化展開こそが、企業発展につながると確信しております。
 2次元設計から3次元設計へ推移する中、3次元設計技術者が求められております。3次元設計能力検定の定着・推進に期待します。

アスリートFA株式会社
代表取締役社長 山崎晃


 3次元設計能力検定試験の新設おめでとうございます。
 当社は、半導体製造装置の製造を主体として行っている企業です。使いやすいSolidWorksで受験した合格者を採用していきます。
 3次元で設計されたデーターを全ての工程で利用することにより、慢性的な技術者不足の解消にも大いに効果を上げ、顧客とのコミュニケーションツールとしての成果も得ています。
 生産現場での品質保障の観点からも、当社では3次元データーを利用したマニュアルを積極的に活用しています。
 コストパフォーマンスの確立に等しく必要不可欠なスキルの能力検定だと確信しています。

株式会社明和電機
常務取締役 小林久士


 SolidWorksが、かつて2次元CADかUNIXをベースとしたハイエンド3次元CADしか存在しなかったCADの業界に大きな革命の波をもたらして以降、はや10年が経ちました。その中でソリッドワークス社がただひたすら目指してきたのは、"専門家を対象とした3次元CADを、設計者誰もが手軽に利用できる大衆化領域に開放すること"。その目的のために、Windowsのみにフォーカスした製品開発を推し進め、徹底的に使い勝手を追求し、そして設計者の立場に立った開発スタンスを守り抜いてきました。
 そしていま、「3次元モノづくり」こそが、モノを変え、人を変え、会社を変える鍵となっている中で、アジアの企業に立ち向かい、工業立国日本の「モノづくり」を支えるために、真に力のある3次元設計技術者を育成する、という3次元設計能力検定協会様の活動を、3次元CADのベンダーとして支援させていただけることを大変光栄に存じます。
 3次元だからこそ実現する”見える”設計が、人を繋ぎ、モノを進化させ、そして会社を変えていきます。日本のモノづくりを担う3次元人材育成において、3次元設計能力検定協会様のご活躍を心より期待しております。

ソリッドワークス・ジャパン株式会社

  ごあいさつ


 協会発足から10年目を超え、検定試験の認知度も向上し受検者数も増加しております。これも本協会会員並びに関係各位のこれまでのご尽力の賜物と感謝しております。このような活動が認知され長野県認定のNPOから内閣府認定のNPOに昇格し、本協会のプレゼンスを維持・発展させていく責務が今後とも増していくものと自他共に認識しております。

 産・官・学の連携体制を継続し、これまで蓄積した経験と皆様方からの貴重なご意見を真摯に受け止め反映させることで、本年度新たな運営体制の基、モノづくりに、より多くの優れた機械設計技術者が従事されるよう「3次元CAD」のみならず「機械設計基礎知識」の教育検定内容の更なる充実を図っていく所存です。

 日本のモノづくり発展のためにも本協会への皆様方の従前にも増したご支援を賜りますようお願い申し上げます。


  特定非営利活動法人
     3次元設計能力検定協会
         理事長  丹羽 嘉明

 

当サイトに掲載されている内容及び画像等を無断で使用することを禁じます。
 ©2005 The Association for Certifying 3-Dimensional Design Proficiency
特定非営利活動法人 3次元設計能力検定協会
 info@3da.or.jp